『人は落ち目が大事』(ひとはおちめがだいじ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



何となく、人は弱いところがあったほうが好かれやすく、仲間が集まりやすい

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『人は落ち目が大事』の意味


『人は落ち目が大事』(ひとはおちめがだいじ)の意味は

人が落ち目になったときこそ見捨てないで援助し
励ますべきであるということ


といった意味のようです。



落ち目になったときこそ慎重に行動しなければならない

といった意味も含まれるようです。



「落ち目が良い」というわけではなく

落ち目の時こそ気を引き締めるべき、助けるあうべき

のような意味になりそうです。



『落ち目』(おちめ)は
1.商売や勢力などが下り坂になること
2.商品の数量が送り状の記載よりも減っていること

といった複数の意味を持ちます。

スポンサードリンク


『人は落ち目が大事』の類義語

救う
支える
手伝う
助力
力添え
援助
扶助
支援
協力
加勢
助太刀

『助ける』の慣用句

一臂の力を貸す
陰になり日向になり
肩を貸す
口を添える
助け船を出す
力になる
敵に塩を送る
手を差し伸べる
一肌脱ぐ
持ちつ持たれつ

『助ける』のことわざ

同舟相救う
人は落ち目が大事
武士は相身互い

関連コンテンツ



スポンサードリンク