『冬来たりなば春遠からじ』(ふゆきたりなばはるとおからじ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、辛い時でも楽な時にたどり着くのはそう遠くではない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『冬来たりなば春遠からじ』の意味


『冬来たりなば春遠からじ』(ふゆきたりなばはるとおからじ)の意味は

今は辛くても
後には幸福が必ず巡ってくる


といった意味のようです。



辛いときがいつまでも続くわけではない、苦労した分だけ何らかのかたちで必ず見返りが返ってくる

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク


『冬来たりなば春遠からじ』の類義語

堪える
忍ぶ
耐え忍ぶ
我慢
忍耐
辛抱
堪忍
隠忍自重
忍苦
忍従
堅忍
耐乏

『耐える』の慣用句

臥薪嘗胆
忍の一字
歯を食いしばる
風雪に耐える

『耐える』のことわざ

石の上にも三年
韓信の股潜り
堪忍は一生の宝
ならぬ堪忍するが堪忍
冬来たりなば春遠からじ

関連コンテンツ



スポンサードリンク