『泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生』という言葉は

なんとなく聞いたことがありそうな言葉ですね。



比較的想像しやすい言葉で、なんとなく

笑って暮らすも泣いて暮らすも自分次第、自分の人生はこれからの行動次第

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生』の意味


『泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生』の意味は

悲しんで暮らしても楽しく暮らしても同じ人生なら
楽しく暮らす方が良いという事


といった意味のようです。



なるほど、自分の行動次第で人生の結果が変わってくる、泣く人生笑う人生となる、という意味ではなく

泣くような状況であれ笑うような状況であれ、泣いているより笑っていたほうが得だ

どのような人生でも楽しく過ごしたほうが良い

のような意味となりそうです。



どのような人でも大体はネガティブになりがちですから

このような考え方は必至で意識すべきことなのかもしれません。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生』の類義語

生活
起居
起き伏し
寝起き
寝食
衣食
生計
口過ぎ
身過ぎ
世渡り
渡世
食う
食べる
やっていく

『暮らす』の慣用句

同じ釜の飯を食う
口を糊する
暮らしが立つ
腰を落ち着ける
飯の種
飯を食う
路頭に迷う
露命を繋ぐ

『暮らす』のことわざ

衣食足りて礼節を知る
住めば都
泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]