『取引』(とりひき)という言葉は

普通に聞く言葉ですね。



なんとなく、駆け引き、交渉

のような意味になりそうですか。

スポンサードリンク


『取引』の意味


『取引』(とりひき)の意味は

相手に条件を提示して
妥協できるように話をもっていくこと


といった意味のようです。



お互いが納得できるような話し合いにしていく

のような意味になりそうです。



『妥協』(だきょう)は
対立した事柄について、双方が譲り合って一致点を見いだし、おだやかに解決すること

といった意味になります。

『取引』の例文、使い方


例文としては
「敵将と裏で取引をする」

のような
「お互い納得する交渉」
「穏やかな交渉」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『取引』と『決済』の違い


『取引』(とりひき)は
1.商人と商人、または、商人と客との間で行われる経済行為
2.互いに利益を得られるよう交渉すること
『決済』(けっさい)は
代金や証券・商品、または売買差金の受け渡しによって、売買取引を終了すること

といった意味になります。



『取引』は
お互い利益になる交渉、といった意味に対し

『決済』は
「取引」を終了する、済ませる、といった意味になるので

「取引」
取引をする
「決済」
取引を終わらせる

という意味の違いになりそうです。

スポンサードリンク


『取引』の類義語

折衝
談判
直談判
強談判
談合
商談
取引
駆け引き
樽俎折衝
根回し
渉外
協議
和議
ネゴシエーション
掛け合う
談じる
持ち掛ける

『交渉』の慣用句

話を付ける
物は相談
渡りを付ける

関連コンテンツ



スポンサードリンク