『笠に着る』(かさにきる)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



想像しづらい言葉ですが「威張るの慣用句、諺」として意味を考えると

本音を隠して威張る、弱みを見せずに威張る

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『笠に着る』の意味


『笠に着る』(かさにきる)の意味は

権勢のある者を頼りにしたり
与えられた地位を利用したりして威張る


といった意味のようです。



権力を頼りに威張る

のような意味になりそうです。



『権勢』(けんせい)は
権力を握っていて威勢のいいこと

といった意味になります。



例文としては
「正社員の威光を笠に着て器用にサボる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『笠に着る』の語源、由来


『笠に着る』の語源はいくつか説があるようで

笠をかぶった足軽たちが殿様の権力を盾にカツアゲをしていた
頭に身に着ける笠をボス(頭)というイメージとして威張る

のようなところから来たのではと言われています。



『笠に着る』の

「笠」(かさ)は
日光・雨・雪などが当たらないように頭にかぶるもの。藺(い)・菅(すげ)などで浅い円錐形に作る

といった意味になります。



「笠」は頭にかぶるかさ

「着る」は服を着るのような表現のようです。



「笠」は日よけだけでなく矢から身を護る防具でもあるので

権力という盾に頼る、他力本願

のような意味があるのかもしれません。

[ad#co-3]

『笠に着る』の類義語

偉ぶる
反っくり返る
武張る
驕る
高ぶる
増長
増上慢
夜郎自大
空威張り
尊大
横柄
不遜
傲岸

『威張る』の慣用句

顎で使う
大きな顔をする
大きな口をきく
お山の大将
笠に着る
尻に敷く
雪駄の土用干し
態度が大きい
虎の威を借る狐
鼻に掛ける

『威張る』のことわざ

驕る平家は久しからず
鳥なき里の蝙蝠
[ad#co-6]

[ad#co-3]