『尊大』の読み方は(そんだい)と読みます。



『尊大』(そんだい)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、偉人のような大きな人、のようなイメージがありますが「威張るの類義語」として意味を考えると

態度がでかい

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『尊大』の意味


『尊大』(そんだい)の意味は

威張って人を見下したような態度をとる様子

といった意味のようです。



『高慢』(こうまん)
自分の才能・容貌(ようぼう)などが人よりすぐれていると思い上がって、人を見下すこと
『横柄』(おうへい)
いばって、人を無視した態度をとること。無礼、無遠慮なこと

と似たような意味になりそうです。



例文としては
「子供の時から尊大な言葉遣いは変わっていない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『尊大』の対義語、反対語


『尊大』(そんだい)の対義語は

『謙虚』(けんきょ)
控え目で、つつましいこと。へりくだって、 すなおに相手の意見などを受け入れること
『謙譲』(けんじょう)
へりくだりゆずること。自分を低めることにより相手を高めること。また、控えめであるさま。謙遜(けんそん)
『卑下』(ひげ)
1.自分を劣ったものとしていやしめること。へりくだること
2.いやしめて見下すこと

といった意味の言葉になります。



『尊大』が
威張る、他人を過小評価する、というのに対し

『謙虚』『謙譲』『卑下』は
自分を過小評価、低く見ている

という意味の違いになりそうです。

スポンサードリンク

『尊大』の類義語

偉ぶる
反っくり返る
武張る
驕る
高ぶる
増長
増上慢
夜郎自大
空威張り
尊大
横柄
不遜
傲岸

『威張る』の慣用句

顎で使う
大きな顔をする
大きな口をきく
お山の大将
笠に着る
尻に敷く
雪駄の土用干し
態度が大きい
虎の威を借る狐
鼻に掛ける

『威張る』のことわざ

驕る平家は久しからず
鳥なき里の蝙蝠