『林間に酒を煖めて紅葉を焼く』(りんかんにさけをあたためてこうようをたく)

という言葉は聞いたことがない言葉ですね。



イメージしづらい言葉ですが、なんとなく

寒さを凌ぐ時は温めたお酒がうってつけである

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『林間に酒を煖めて紅葉を焼く』の意味


『林間に酒を煖めて紅葉を焼く』(りんかんにさけをあたためてこうようをたく)の意味は

林の中で紅葉を燃やし酒を温めて飲んで秋の景色を愛でる

といった意味のようです。



これは、「白居易の詩」から来ている言葉のようですね。



秋の景色を酒を飲みながら楽しんでいる

という表現を表している言葉のようですね。



涼しくなってきた秋の頃に酒を温めて景色を眺めながら飲む

という風習が昔から流行っていたのかもしれません。



昔から、今を楽しむ

ということが、一番幸せを実感できるということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『林間に酒を煖めて紅葉を焼く』の類義語

飲み下す
飲み干す
飲み込む
啜る
服する
喫する
呷る
仰ぐ
遣る
引っ掛ける
聞こし召す
汲む
嚥下
服用

『飲む』の慣用句

羽化登仙
駆け付け三杯
金時の火事見舞い
くだを巻く
葷酒山門に入るを許さず
酒に飲まれる
酒池肉林
酔眼朦朧
斗酒猶辞せず
虎になる
喉を潤す
杯盤狼藉
メートルを上げる
林間に酒を煖めて紅葉を焼く

『飲む』のことわざ

御神酒上がらぬ神はない
下戸の建てたる倉も無し
酒に別腸あり
酒飲み本性違わず
酔い醒めの水下戸知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク