『酒に別腸あり』(さけにべっちょうあり)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



「別腸」という表現がいまいちよくわからないので、全体的が予想しづらいですが

なんとなく、酒は別腹である、何も食べれない状態でもお酒は入る

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『酒に別腸あり』の意味


『酒に別腸あり』(さけにべっちょうあり)の意味は

人には酒だけが入る特別のはらわたがある。
酒量は体の大小には関係しないということ。
また、酒をたくさん飲む様子を驚嘆していう言葉


といった意味のようです。



お腹がすいている、いっぱいであるに関係なく

体の大小にかかわらずお酒は飲める

のような意味になりそうですね。



お酒は水と違い水分補給ではないから体が限界を感じにくい

または、お酒の好き嫌い、合う合わないが影響しているのかもしれません。



どちらにしても、専門家でないとよくわからないことですね。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『酒に別腸あり』の類義語

飲み下す
飲み干す
飲み込む
啜る
服する
喫する
呷る
仰ぐ
遣る
引っ掛ける
聞こし召す
汲む
嚥下
服用

『飲む』の慣用句

羽化登仙
駆け付け三杯
金時の火事見舞い
くだを巻く
葷酒山門に入るを許さず
酒に飲まれる
酒池肉林
酔眼朦朧
斗酒猶辞せず
虎になる
喉を潤す
杯盤狼藉
メートルを上げる
林間に酒を煖めて紅葉を焼く

『飲む』のことわざ

御神酒上がらぬ神はない
下戸の建てたる倉も無し
酒に別腸あり
酒飲み本性違わず
酔い醒めの水下戸知らず

[ad#co-6]

[ad#co-3]