『蝶よ花よ』(ちょうよはなよ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく臭そうな言葉ですが「愛するの類義語」として考えてみると

恋い焦がれている、一途に想っている

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『蝶よ花よ』の意味


『蝶よ花よ』(ちょうよはなよ)の意味は

娘を非常に可愛がって大事に育てる様子

といった意味のようです。



寵愛昂じて尼になす」の意味
親が娘をいとおしむあまり、 いつまでも嫁にやらないで、ついには尼にするようになる。かわいがるのも度が過ぎれば本人のためにならないことのたとえ

とは少し似ている言葉となりそうです。



例文としては
「大体は蝶よ花よと育てられているようだ」

のような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『蝶よ花よ』の類義語

愛おしむ
慈しむ
愛でる
惚れる
好く
好む
寵する
愛好
贔屓
偏愛
溺愛
寵愛
鍾愛
一視同仁

『愛する』の慣用句

心を寄せる
情が深い
蝶よ花よ
胸を焦がす
目がない
目の中に入れても痛くない

『愛する』のことわざ

愛は惜しみなく与う
痘痕も靨
可愛さ余って憎さ百倍
寵愛昂じて尼になす
[ad#co-6]

[ad#co-3]