『へいこら』という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



いまいちイメージしづらい言葉ですが「へつらうの類義語」として考えると

権力者にへこへこする、媚びを売る

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『へいこら』の意味


『へいこら』の意味は

相手の機嫌を損じないように
やたらに頭を下げたり
すぐ言いなりになったりする様子


といった意味のようです。



機嫌を損ねないように気をつかって言いなりになる

のような意味になりそうです。



例文としては
「以前勤めていた物流の子会社はへいこらするような人はいない」

のような使い方が良さそうです。

『へいこら』の語源、由来


『へいこら』の語源は不明のようですが

一説によると呼ばれたときの「へい」からきているのでは

と言われています。



「へい」は江戸時代頃から使われていたようで

商人や職人がお客さんなどに呼ばれたときの返事が「へい」だったようです。



「へい」はわかるのですが

「こら」は
「へい」を繰り返して言う、息切れするほど言う
「へい」「へい」と何度もペコペコ返事をする、命令を受ける

のようなイメージがあるのかもしれません。

スポンサードリンク


『へいこら』の類義語

おもねる
媚びる
取り入る
持ち上げる
煽てる
追従
阿諛
迎合
曲学阿世
へいこら

『へつらう』の慣用句

いい子になる
意を迎える
おべっかを使う
歓心を買う
機嫌を取る
媚びを売る
胡麻を擂る
尻尾を振る
太鼓を持つ
髭の塵を払う

『へつらう』のことわざ

巧言令色鮮し仁
下いびりの上諂い

関連コンテンツ



スポンサードリンク