『齷齪』(あくせく)という言葉は

聞いた事はある言葉ですね。



なんとなく、あれこれやることがあり忙しい

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『齷齪』の意味


『齷齪』(あくせく)の意味は

つい目先のことに追われて
気持ちに余裕がない様子


といった意味のようです。



今やることが多くて余裕がない

のような意味になりそうです。



『齷齪』(あくせく)は
細かいことを気にして、落ち着かないさま。目先のことにとらわれて、気持ちがせかせかするさま

といった意味になり

細かいことを気にする、という意味も含まれるようです。



例文としては
「齷齪働いていたら一年経つのがあっという間で不安になる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『齷齪』の対義語、反対語


『齷齪』の対義語、反対語は

悠々』(ゆうゆう)
1.はるかに遠いさま。限りなく続くさま
2.ゆったりと落ち着いたさま
3.十分に余裕のあるさま

といった意味の言葉になります。



忙しいの反対のような
『暇』の意味
仕事や義務に拘束されず、自由にできる時間があるさま。するべきことがないさま

というよりは、気持ちに余裕があるかないか

という意味の違い、対義語になりそうです。

スポンサードリンク


『齷齪』の類義語

忙しい
忙しない
気忙しい
慌ただしい
多忙
多事多端
多用
手一杯
繁多
繁忙
繁劇
怱忙
齷齪
怱々
きりきり舞い
天手古舞い
書き入れ時

『忙しい』の慣用句

応接に暇がない
席の暖まる暇もない
手が離せない
手が回らない
東奔西走
猫の手も借りたい
貧乏暇なし
忙中閑あり
目が回る

関連コンテンツ



スポンサードリンク