『手が回らない』(てがまわらない)という言葉は

よく聞きそうな言葉ですね。



なんとなく、忙しすぎて仕事が行き届かない、ちゃんとこなせない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『手が回らない』の意味


『手が回らない』(てがまわらない)の意味は

忙しかったり、資金の余裕がなかったりして
そこまで処理できない


といった意味のようです。



「忙しい」以外にも、お金の余裕がない、といった理由から

処理できない、こなせない

といった意味になるようです。



『処理』は
物事を取りさばいて始末をつけること
『始末』は
しめくくりを付けること。片付けること

といった意味になります。



例文としては
「仕事量が多すぎて明日の下準備まで手が回らない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『手が回らない』の類義語

忙しい
忙しない
気忙しい
慌ただしい
多忙
多事多端
多用
手一杯
繁多
繁忙
繁劇
怱忙
齷齪
怱々
きりきり舞い
天手古舞い
書き入れ時

『忙しい』の慣用句

応接に暇がない
席の暖まる暇もない
手が離せない
手が回らない
東奔西走
猫の手も借りたい
貧乏暇なし
忙中閑あり
目が回る

関連コンテンツ



スポンサードリンク