『忙中閑あり』の読み方は(ぼうちゅうかんあり)と読みます。



『忙中閑あり』(ぼうちゅうかんあり)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



「忙中」はなんとなくわかるのですが

「閑あり」がいまいちわからない気がします。



なんとなく、忙しい中さらに厄介事が起きる、増える

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『忙中閑あり』の意味


『忙中閑あり』(ぼうちゅうかんあり)の意味は

忙しいなかにも
ちょっとした暇はあるものである


といった意味のようです。



どんなに忙しくても暇な時間はある

のような意味になりそうです。



時間を作る工夫が大事

ということなのかもしれません。



『閑』(かん)は
暇なこと。また、落ち着いてのどかなさま

といった意味になります。

『忙中閑あり』の使い方、例文


例文としては
「忙中閑ありというのか、落ち着いてみると意外に焦る時間ではないことに気がつく」

のような
「忙しい中でも何もしない時間はある」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『忙中閑あり』の反対語、対義語


『忙中閑あり』の反対語、対義語となると

忙しくないが暇はない

のような意味になりそうですが。



『忙中閑あり』の反対語はないようですが

もしあるとするならば

『無駄に過ごす』
一日中特に何をするでもなく過ごすさま

のような意味の言葉になるのかもしれません。



『忙中閑あり』は
暇な時間を見つける、作る、に対して

『無駄に過ごす』は
暇な時間を持て余す、無駄にする

それに「忙中閑あり」の
『閑』は
落ち着いてのどかな暇、なので

『無駄に過ごす』の
地獄のような暇、イライラする暇、自由だけど暇な気がしない

のような意味とは、同じ暇でも雲泥の差なので

反対語と言われると納得しそうです。

スポンサードリンク


『忙中閑あり』の類義語

忙しい
忙しない
気忙しい
慌ただしい
多忙
多事多端
多用
手一杯
繁多
繁忙
繁劇
怱忙
齷齪
怱々
きりきり舞い
天手古舞い
書き入れ時

『忙しい』の慣用句

応接に暇がない
席の暖まる暇もない
手が離せない
手が回らない
東奔西走
猫の手も借りたい
貧乏暇なし
忙中閑あり
目が回る

関連コンテンツ



スポンサードリンク