『天手古舞い』(てんてこまい)という言葉は

普通に使いそうな言葉ですね。



なんとなく、忙し過ぎて混乱している、舞い上がっている

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『天手古舞い』の意味


『天手古舞い』(てんてこまい)の意味は

里神楽などの太鼓に合わせて舞う意味から
つい慌ててしまうほど
あれこれとやることが多いこと


といった意味のようです。



やることが多くて慌ててしまっている

のような意味になりそうです。



『里神楽』(さとかぐら)は
1.宮中の御神楽(みかぐら)に対して、諸社や民間で行われる神楽
2.村里のひなびた神楽。笛や太鼓で囃はやし、仮面をかぶり無言で演ずるものが多い
『神楽』(かぐら)は
神をまつるために奏する舞楽

といった意味になります。



例文としては
「慣れていないと注文が多い時天手古舞いになってしまう」

のような使い方良さそうです。

スポンサードリンク


『天手古舞い』の類義語

忙しい
忙しない
気忙しい
慌ただしい
多忙
多事多端
多用
手一杯
繁多
繁忙
繁劇
怱忙
齷齪
怱々
きりきり舞い
天手古舞い
書き入れ時

『忙しい』の慣用句

応接に暇がない
席の暖まる暇もない
手が離せない
手が回らない
東奔西走
猫の手も借りたい
貧乏暇なし
忙中閑あり
目が回る

関連コンテンツ



スポンサードリンク