『己に如かざる者を友とするなかれ』(おのれにしかざるものをともとするなかれ)

という言葉は聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、自分に素直な生き方でない者は友人にしてはいけない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『己に如かざる者を友とするなかれ』の意味


『己に如かざる者を友とするなかれ』(おのれにしかざるものをともとするなかれ)の意味は

自らを向上させ立派な人間になろうとするならば
自分より劣った者を友としてはいけない


といった意味のようです。



これは「論語」から来ているようですね。



自分を高めるためには友人も選んだほうがよい

のような意味になりそうですね。



自分の能力は友人から影響されやすい

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『己に如かざる者を友とするなかれ』の類義語

交際
交わり

親交
交友
交遊
社交
友誼
交情
情実
腐れ縁

『付き合い』の慣用句

顔が広い
肝胆相照らす
気心が知れる
旧交を温める
爾汝の交わり
水魚の交わり
世間を狭くする

『付き合い』のことわざ

益者三友
己に如かざる者を友とするなかれ
君子の交わりは淡きこと水の如し
朱に交われば赤くなる
損者三友
和して同ぜず

関連コンテンツ



スポンサードリンク