『人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し』(ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし)

という言葉は聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、人生は責任や辛いことなどを背負いながら生きていく、険しい道

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し』の意味


『人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し』(ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし)の意味は

徳川家康の遺訓から
人生は長く苦しいことが多いので
辛抱強く着実に歩んでいかなくてはならないという事


といった意味のようです。



人生はドラゴンボールでいう蛇の道のように長く険しいから、覚悟を持って生きるべきである

のような意味になりそうです。



辛いことがある度にへこたれていては身が持たない

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク

『人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し』の類義語

生涯
人生
今生
一代
一期
終生
終身
畢生
ライフサイクル

『一生』のことわざ

門松は冥土の旅の一里塚
邯鄲の夢
芸術は長く人生は短し
人事は棺を蓋うて定まる
人生朝露の如し
酔生夢死
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
人は一代、名は末代
浮生夢の如し