『人は一代、名は末代』(ひとはいちだい、なはまつだい)

という言葉は聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、人は一回の人生だが、名前は後々の子孫にまで伝わる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『人は一代名は末代』の意味


『人は一代名は末代』(ひとはいちだいなはまつだい)の意味は

人の肉体は一代で滅びるが
その名声や評判は後世まで残るという事


といった意味のようです。



人の行いは記憶に残る、歴史になる

のような意味になりそうです。



『評判』(ひょうばん)は
1.世間の人が批評して是非を判定すること
2.世間でうわさをすること
3.世間の関心の的になっていること
『名声』(めいせい)は
名高い評判。 良い評判
『批評』(ひひょう)は
事物の善悪・優劣・是非などについて考え、評価すること
『是非』(ぜひ)は
1.是と非。正しいことと正しくないこと
2.物事のよしあしを議論し判断すること

といった意味になります。

スポンサードリンク

『人は一代名は末代』の類義語

生涯
人生
今生
一代
一期
終生
終身
畢生
ライフサイクル

『一生』のことわざ

門松は冥土の旅の一里塚
邯鄲の夢
芸術は長く人生は短し
人事は棺を蓋うて定まる
人生朝露の如し
酔生夢死
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
人は一代、名は末代
浮生夢の如し