『浮生夢の如し』(ふせいゆめのごとし)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



いまいちわかりづらい言葉ですが、なんとなく

夢を見て浮いているように生きる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『浮生夢の如し』の意味


『浮生夢の如し』(ふせいゆめのごとし)の意味は

「浮生」は儚い(はかない)人生
李白の文から
人生は夢のように儚く短いものである

といった意味のようです。



人生は壊れやすく、意外にあっけなく終わる

のような意味になりそうです。



『儚い』(はかない)は
1.消えてなくなりやすい。もろくて長続きしない
2.不確かであてにならない

といった意味になります。



無意識に生きているとキングクリムゾンの餌食、時間がいつの間にか過ぎ去ってしまうから

意識して後悔しない生き方をすべき

のようなことを伝えたい言葉なのかもしれません。

スポンサードリンク

『浮生夢の如し』の類義語

生涯
人生
今生
一代
一期
終生
終身
畢生
ライフサイクル

『一生』のことわざ

門松は冥土の旅の一里塚
邯鄲の夢
芸術は長く人生は短し
人事は棺を蓋うて定まる
人生朝露の如し
酔生夢死
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
人は一代、名は末代
浮生夢の如し