『益者三友』(えきしゃさんゆう)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、自分にとって、またはお互いに得になる友人

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『益者三友』の意味


『益者三友』(えきしゃさんゆう)の意味は

付き合って自分のためになる三種類の友人。
正直な友、誠実な友、知識のある友


といった意味のようです。



この言葉は「論語」から来ているようです。



確かにこのような友人は理想ですが

せめて、足を引っ張り合わない、自分を高める努力ができる

友人でありたいですね。

スポンサードリンク


『益者三友』の類義語

交際
交わり

親交
交友
交遊
社交
友誼
交情
情実
腐れ縁

『付き合い』の慣用句

顔が広い
肝胆相照らす
気心が知れる
旧交を温める
爾汝の交わり
水魚の交わり
世間を狭くする

『付き合い』のことわざ

益者三友
己に如かざる者を友とするなかれ
君子の交わりは淡きこと水の如し
朱に交われば赤くなる
損者三友
和して同ぜず

関連コンテンツ



スポンサードリンク