『据え膳食わぬは男の恥』の読み方は

すえぜんくわぬはおとこのはじ)と読みます。



『据え膳食わぬは男の恥』(すえぜんくわぬはおとこのはじ)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、女性に言い寄られて断ることは男として恥な行為

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『据え膳食わぬは男の恥』の意味


『据え膳食わぬは男の恥』(すえぜんくわぬはおとこのはじ)の意味は

女の方から言い寄ってきたのに誘いに乗らないのは男の恥だということ

といった意味のようです。



予想していたとの大体意味が同じだったようです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『据え膳食わぬは男の恥』の対義語、反対語


『据え膳食わぬは男の恥』の対義語、反対の意味となると

男から言い寄ってきたのに断るのは女の恥

のような意味になりそうですが。



意味からしてありえない言葉になりそうですね。



むしろ断るのは当たり前、のような認識なので

このような意味の言葉はなさそうです。



『据え膳食わぬは男の恥』の対義語、反対語となる言葉、ことわざなどは

ないようです。

『据え膳食わぬは男の恥』の語源、由来


『据え膳』(すえぜん)の意味
すぐ食べられるように用意された状態で前に出される食膳

というところから

女性から持ちかけられた情事の事を言うようです。



『情事』(じょうじ)は
恋愛に関する事柄。また、夫婦ではない相手との肉体関係

といった意味になります。

[ad#co-3]

『据え膳食わぬは男の恥』の類義語


恋情
恋慕
懸想
相思
色恋
色事
性愛
情交
情事
火遊び
アバンチュール

『恋愛』の慣用句

慇懃を通じる
浮き名を流す
情を通じる
肌を合わせる
巫山の夢
惚れた腫れた
落花流水

『恋愛』のことわざ

一押し二金三男
女心と秋の空
恋は曲者
恋は思案の外
据え膳食わぬは男の恥
遠くて近きは男女の仲
惚れた目には痘痕も靨
焼け木杭に火が付きやすい
[ad#co-6]

[ad#co-3]