『述懐』(じゅっかい)という言葉は

あまり聞きなれない言葉ですね。



建物の「十階」以外では

なかなか思い浮かばない言葉かと思います。



漢字を見ると難しすぎて余計に意味が予測しづらい言葉ですね。



『述懐』の読み方は(じゅっかい)と読みます。



昔は(しゅっかい)とも読まれていたようです。

スポンサードリンク


『述懐』の意味


『述懐』(じゅっかい)の意味は

心境や思い出、感慨などを述べること

といった意味のようです。



意味を見ても「心境」や「感慨」など

比較的難しい言葉が並んでいるので

よくわからないですよね。



『心境』は

その時の気持ちや心の状態

『感慨』とは

心に深く感じてしみじみとした気持ちになる

といった意味になります。



なので『述懐』の意味は

その時の気持ちや過去の思い出に対して
しみじみとした気持ちになり深く感じること

といった意味になってきます。



過去の思い出やその時の気持ちに対して
深く感じたことやしみじみとした心の気持ちを
語ったり書いたりする

といった意味のようですね。



今までにあったことで心に深く打たれたこと
深く刻まれたことを伝える

比較的濃い思い出話

といった意味なのかもしれません。



例文としては
「転職を繰り返していた過去の仕事に対して述懐すると
今となってはネタが尽きない笑い話である」

といった使い方がよさそうです。

スポンサードリンク


『述懐』の類義語

語る
語らう
喋る
談じる
打ち明ける
明かす
切り出す
告げる
聞かせる
伝える
述べる
漏らす
口外
述懐

『話す』の慣用句

言わぬが花
胸襟を開く
口にする
口を滑らす
口を開く
問うに落ちず語るに落ちる
話に花が咲く
腹を割る

『話す』のことわざ

思うこと言わねば腹膨る
口は禍の元
話し上手は聞き上手
下手の長談義

関連コンテンツ



スポンサードリンク