『口を開く』(くちをひらく)という言葉は

そのまま受け取ると
「ただ口を開いている」

というふうにしか聞こえないですよね。



でも何となくそれとなく日常で使っている言葉なので
知っている人は

口は災いの元だからあまりしゃべるものではない

というようなイメージがあるかと思います。



もしくは
よくしゃべる人

のことを指すのかもしれませんが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『口を開く』の意味


『口を開く』(くちをひらく)の意味は

話し始める。何か言い出す

といった意味のようです。



別に
口は災いの元

のような何かの戒めな言葉ではなく

ただ
話し始める

といった
「話す」

にも似た意味を持つ言葉のようですね。



話し始めたり何か言い出した人に対して
『口を開く』

という言葉が使われるようです。



例文としては
「口を開けばテレビに向かって悪口ばかり言っている」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『口を開く』の類義語

語る
語らう
喋る
談じる
打ち明ける
明かす
切り出す
告げる
聞かせる
伝える
述べる
漏らす
口外
述懐

『話す』の慣用句

言わぬが花
胸襟を開く
口にする
口を滑らす
口を開く
問うに落ちず語るに落ちる
話に花が咲く
腹を割る

『話す』のことわざ

思うこと言わねば腹膨る
口は禍の元
話し上手は聞き上手
下手の長談義
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]