『思うこと言わねば腹膨る』(おもうこといわねばはらふくる)

という言葉はあまり聞かないことわざですね。



言葉を見るとなんとなく意味が予想できそうな言葉です。



思うことを言わないでいると
そのことが気になってストレスが溜まってきてしまう

といったイメージがあります。

スポンサードリンク


『思うこと言わねば腹膨る』の意味


『思うこと言わねば腹膨る』の意味は

心に思っていることを言わずにいると
不満が溜まってきて腹が張ったような不快感を感じるものである


といった意味のようです。



確かに言いたいことを言わずに
ずっと我慢しているというのは辛いものです。



言いたいことはどんどん言った方がいいのですが

そのさじ加減が難しいですね。



場合によっては「口は災いの元」と言われるように

口から出たものからトラブルとなってしまう

ということにもなってしまいそうですからね。



黙っていると相手もわかりませんし気づかないですが

その気づかない、わからないというのが
逆にトラブルとなってしまうこともあるので

お互いの理解を深めるために
腹を割って話し合うことも必要なのかもしれません。

スポンサードリンク


『思うこと言わねば腹膨る』の類義語

語る
語らう
喋る
談じる
打ち明ける
明かす
切り出す
告げる
聞かせる
伝える
述べる
漏らす
口外
述懐

『話す』の慣用句

言わぬが花
胸襟を開く
口にする
口を滑らす
口を開く
問うに落ちず語るに落ちる
話に花が咲く
腹を割る

『話す』のことわざ

思うこと言わねば腹膨る
口は禍の元
話し上手は聞き上手
下手の長談義

関連コンテンツ



スポンサードリンク