節分の豆の食べる数は

一般的に年齢の数だけ、または年齢に一つ足した分だけ

食べると厄除けになると言われています。



また節分の日に撒く豆にもいろいろな種類があり

地域によって違ってきたりもします。



一般的には豆を蒸したものなのですが

種類は大豆や落花生が一般的です。



うぐいす豆やピスタチオ、中には

アーモンドなどのお菓子を巻く地域もあるようです。



今回は節分の日の豆の種類や

使われる理由などについても

紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

一般的な大豆や落花生の割合は?


節分で一般的によく使われるのが

落花生大豆です。



どちらもよく聞き節分に使われることが多いですが

地域により使われる割合が違うようです。



日本全国で見れば大豆が大多数を占めていますが

東北の方や北海道日本海を中心に見てみると



落花生のほうが主流になってくるみたいです。



特に北海道は、

データにより様々ですが

8割以上が落花生を使っているとも言われています。



関東だと圧倒的に大豆が使われているのに対し

どうしてここまで違うのでしょうか。



店に売られているのも東北だと

落花生が重視しておかれているみたいですけれど



それには理由があったようです。




関連コンテンツ


スポンサードリンク

東北や北海道で落花生が使われる理由


なんで大豆じゃなくて落花生なの?

と疑問に思う人も多いと思いますが

地元の人にとっては落花生を使うのが当たり前なのだそうです。



理由は都合がいいから。



節分は豆をまいた後に拾って食べる習慣があります。



地元の人にとっては投げた後

雪に埋もれた場所から豆が拾いやすいからです。



基本的に豆まきは各家の中でやるものですが

地域によっては節分のお祭りも開かれ

外に落ちた豆を拾うこともあります。



そういう時に落花生は大きいため都合がいいんでしょうね。



また一部の地域では『殻付き落花生』をまくこともあるそうです。



殻のままなので汚れる心配もなく

後で食べられるというのも一つの理由なんでしょうね。



スポンサードリンク

節分に使われる豆の種類やカロリーは?


豆の種類カロリー(10粒あたり)
大豆14kcal(3.5g)
落花生47kal(8g)
ピスタチオ34kal(5.5g)
うぐいす豆29kal(12g)
アーモンド68kal(11g)

少数派ながらピスタチオやうぐいす豆などを使う人もいるそうです。



中には節分にお金を投げている地域や祭りもあるみたいで

初めて聞いた時は驚きました。



昔ながらのやり方なので地元の人にとっては当たり前なんでしょうね。