『根に持つ』(ねにもつ)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



何となく、嫌なことを覚えている

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『根に持つ』の意味


『根に持つ』(ねにもつ)の意味は

恨みに思って忘れないでいる

といった意味のようです。



仕返ししたい気持ちがあり覚えている

のような意味になりそうです。



『恨み』(うらみ)は
1.他からの仕打ちを不満に思って憤り憎む気持ち
2.他と比べて不満に思われる点。もの足りなく感じること
3.残念に思う気持ち。心残り。未練
4.悲しみ。嘆き

といった意味になります。



例文としては
「サッカーの練習で粘着マークされて何もできなかったことを未だに根に持っている」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『根に持つ』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め

関連コンテンツ



スポンサードリンク