『当たる』(あたる)という言葉は

よく聞く言葉ですね。



「当たる」と聞くと、

滅多に拝めないいいことがある、思わぬ収穫がある

のようなイメージがありますが。

スポンサードリンク


『当たる』の意味


『当たる』(あたる)の意味は

興行・企画・商品などが狙った通りになり、人気を博する

といった意味のようです。



こういった意味も含まれていたんですね。



『興行』は
各種の芸能やスポーツを入場料を取って観客の観覧に供すること
『当たる』には非常にたくさんの意味があり
1.ぶつかる
2.うまく命中する
3.光・雨・風などの作用を受ける
4.くじ引きなどで、賞を得ることに決まる
5.予測・判断が現実とぴったり合う
6.興行・商売・事業などが多くの客から人気を博する。成功する
7.害となるものによって体などが損なわれる
8.人が相手や物事に立ち向かう
9.人や物にじかに接して確かめる

といった意味が代表的です。



食中毒など、食べ物にあたるや

八つ当たりする

人や物を調べるときなど、心当たりを当たってみる

なども同じ「当たる」の言葉のようですね。



例文としては
「新商品が当たって売上が安定した」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『当たる』の類義語

奏功
奏効
結実
成就
小成
ヒット
大当たり
当たる
成否
成敗

『成功』の慣用句

金的を射止める
功を奏する
実を挙げる
図に当たる
実を結ぶ
物になる

『成功』のことわざ

運根鈍
終わり良ければすべて良し
三度目の正直
為せば成る

関連コンテンツ



スポンサードリンク