『終わり良ければすべて良し』(おわりよければすべてよし)という言葉は

なんとなく聞いたことがある言葉ですね。



結果が良ければ、結果が出れば、途中経過はどうでも良い

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『終わり良ければすべて良し』の意味


『終わり良ければすべて良し』の意味は

物事は結末さえよければ、発端や途中の経過は問題ではない

といった意味のようです。



大体、予想した通りの意味だったようですね。



どのような途中経過、目も当てられない出来事でも、結果が良ければ問題ない

という意味に成ってきそうです。



例文としては
「散々苦労したけど給料が入った。終わり良ければすべて良しということにしとくか」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『終わり良ければすべて良し』の対義語


『終わり良ければすべて良し』の対義語となる言葉は

九仞の功を一簣に虧く』(きゅうじんのこうをいっきにかく)
高い山を築くのに、最後のもっこ1杯の土が足りないために完成しない。
長い間の努力も最後の少しの過失からだめになってしまうこと

といった言葉が代表的のようです。



他にも

仏作って魂入れず
骨折って成し遂げながら肝心な点を欠いていること
枡ではかって箕でこぼす』(ますではかってみでこぼす)
“箕”は竹で編んだ目の粗いふるいのこと。
枡で少しずつ量るようにしてためたものを“箕”で一度にこぼしてしまう、という意味で
苦労して少しずつためてきたものを一度にむだ遣いすること
画竜点睛を欠く
物事をりっぱに完成させるための最後の仕上げを忘れること。
全体を引き立たせる最も肝心なところが抜けていること


といった言葉が『終わり良ければすべて良し』の対義語になります。



「画竜点睛」は聞いたことがありましたが

「画竜点睛を欠く」という言葉もあったようですね。



それでも、竜の目を書き忘れる、大事なところがない

という意味は、どこかで聞いたことがありそうな気がします。

スポンサードリンク


『終わり良ければすべて良し』の類義語

奏功
奏効
結実
成就
小成
ヒット
大当たり
当たる
成否
成敗

『成功』の慣用句

金的を射止める
功を奏する
実を挙げる
図に当たる
実を結ぶ
物になる

『成功』のことわざ

運根鈍
終わり良ければすべて良し
三度目の正直
為せば成る

関連コンテンツ



スポンサードリンク