『三度目の正直』(さんどめのしょうじき)という言葉は

よく聞く言葉ですね。



なんとなく、どのような失敗でも3回目のチャレンジには成功出来るようになる

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『三度目の正直』の意味


『三度目の正直』(さんどめのしょうじき)の意味は

占いや勝負で、一度目や二度目は当てにならないが三度目は確実であるということ。
転じて、三度目に期待通りの結果が出ることを言う


といった意味のようです。



三度目には確実に思い通りの結果が出る

のような意味になるようですね。



失敗しても良いから三度はチャレンジせよ
一度や二度は失敗するのが普通

ということを言いたい言葉なのかもしれません。

『三度目の正直』の使い方、例文


例文としては
「三度目の正直で大検が受かった」
「一度、二度と完敗だったが三度目の正直で、なんとか対戦相手の連勝記録のストップに成功した」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『三度目の正直』の由来


『三度目の正直』の由来、語源となるものは

もしかしたら占い、賭け事からきている言葉なのでは、とも言われています。



一度や二度は当てにならず、三度目が本番である

という、昔からの言い伝えのような言葉があるようです。



そこから「三度目の正直」が生まれ

そしてそれに対比する言葉

『二度あることは三度ある』
二度あったことは必ずもう一度ある。物事は繰り返されるものである

という言葉も生まれるきっかけだったのかもしれません。

スポンサードリンク


『三度目の正直』の類義語

奏功
奏効
結実
成就
小成
ヒット
大当たり
当たる
成否
成敗

『成功』の慣用句

金的を射止める
功を奏する
実を挙げる
図に当たる
実を結ぶ
物になる

『成功』のことわざ

運根鈍
終わり良ければすべて良し
三度目の正直
為せば成る

関連コンテンツ



スポンサードリンク