『教鞭を執る』(きょうべんをとる)という言葉は

あまり聞きなれない言葉ですね。



『教える』の慣用句にあたり言葉なのですが

やはり「相手に助言する」であったり

「教える」といった意味になってくるのでしょうか。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『教鞭を執る』の意味


『教鞭を執る』(きょうべんをとる)の意味は

教師として学生・生徒を教える

といった意味のようです。



「教師として」ということは

「学校」や「学問を教わる場所」

もしくはカウンセリングのような場所で使われる言葉になってくるのでしょうか。



何を教えるかはやはり学問が普通なのでしょうね。



例文としては

「自分が通っていた学校の教師となって教鞭をとる」

といった使い方がいいかもしれません。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『教鞭を執る』の類義語

授ける
仕込む
仕付ける
叩き込む
諭す
指導
教育
教導
教授
伝授
指南
手解き
教示
助言
コーチ
啓蒙
啓発

『教える』の慣用句

教鞭を執る
知恵を付ける
範を垂れる
蒙を啓く

『教える』のことわざ

負うた子に教えられて浅瀬を渡る
教うるは学ぶの半ば
人を見て法を説け
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]