『咎め立て』(とがめだて)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、悪いところを責めて問い詰める、詰問する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『咎め立て』の意味


『咎め立て』(とがめだて)の意味は

過失・罪として取り上げ
責めること


といった意味のようです。



『過失』(かしつ)は
不注意などによって生じたしくじり。過ち
『責める』は
過失・怠慢・違約などを取り上げて非難する。とがめる。なじる
『咎める』(とがめる)は
1.悪いことをしたと心を痛める
2.傷やはれものをいじって悪くする
3.過ちや罪・欠点などを取り上げて責める。非難する

といった意味になります。



しくじりを責める

のような意味になりそうです。



例文としては
「過去の事を咎め立てる必要はない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『咎め立て』の類義語

攻撃
論難
批判
咎め立て
難詰
面詰
詰問
指弾
糾弾
弾劾
痛罵
風当たり
棚卸し
責める
咎める
難じる
詰る
謗る

『非難』の慣用句

後ろ指を指される
死屍に鞭打つ
四面楚歌
難癖を付ける
非を鳴らす
顰蹙を買う
袋叩きにあう
目糞鼻糞を笑う
槍玉に挙げる

関連コンテンツ



スポンサードリンク