『弾劾』の読み方は(だんがい)と読みます。



『弾劾』(だんがい)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



「残骸」や「断崖」(だんがい)だと何となく聞いたことがあるのですが

「弾劾」(だんがい)は聞いたことがないような気がします。



なんとなく、とどまることがない批判、痛罵

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『弾劾』の意味


『弾劾』(だんがい)の意味は

おおやけの責任ある立場にある人や公的機関などの不正・非行を暴いて
厳しく追及すること


といった意味のようです。



思ったより深い意味を持つ言葉だったようですね。



責任ある立場の悪い人を裁く

のような意味になりそうです。



『公』(おおやけ)は
個人の立場を離れて全体にかかわること。社会。公共。世間
『公的機関』(こうてききかん)は
公共のために業務を行う機関のこと
『非行』(ひこう)は
道義にはずれた行為。不正行為
『追及』(ついきゅう)は
どこまでも追いつめて、責任・欠点などを問いただすこと
『暴く』(あばく)は
他人の秘密や悪事・欠点などを探り出して、公表する。暴露する

といった意味になります。



例文としては
「新薬の研究員を事件の関係者として弾劾した」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『弾劾』の類義語

攻撃
論難
批判
咎め立て
難詰
面詰
詰問
指弾
糾弾
弾劾
痛罵
風当たり
棚卸し
責める
咎める
難じる
詰る
謗る

『非難』の慣用句

後ろ指を指される
死屍に鞭打つ
四面楚歌
難癖を付ける
非を鳴らす
顰蹙を買う
袋叩きにあう
目糞鼻糞を笑う
槍玉に挙げる

関連コンテンツ



スポンサードリンク