『難癖を付ける』(なんくせをつける)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、批判して文句を言う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『難癖を付ける』の意味


『難癖を付ける』(なんくせをつける)の意味は

ささいな欠点を見つけてことさらに悪く言う

といった意味のようです。



『揚げ足を取る』(あげあしをとる)
人の言葉じりやちょっとした失敗を取り上げて、相手を責める

と似た意味になりそうです。



『殊更』(ことさら)は
考えがあってわざとすること。また、そのさま。故意

といった意味になります。



「けちを付ける」とは類語にあたるようです。



例文としては
「仕事に難癖をつける」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『難癖を付ける』の類義語

攻撃
論難
批判
咎め立て
難詰
面詰
詰問
指弾
糾弾
弾劾
痛罵
風当たり
棚卸し
責める
咎める
難じる
詰る
謗る

『非難』の慣用句

後ろ指を指される
死屍に鞭打つ
四面楚歌
難癖を付ける
非を鳴らす
顰蹙を買う
袋叩きにあう
目糞鼻糞を笑う
槍玉に挙げる

関連コンテンツ



スポンサードリンク