『オーバーワーク』という言葉は

カタカナ語ですが
かなり頻繁によく聞く言葉ですね。



それも簡単な英語で作られている言葉だと思うので

だれでもイメージしやすい
意味が分かりやすい言葉かと思います。



なんとなく
自分の限界を超えた仕事をする
自分の体力を超えた働き方をする

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『オーバーワーク』の意味


『オーバーワーク』の意味は

働きすぎ。仕事・勉強・練習などのやりすぎ

といった意味のようです。



ようは「活動のしすぎ」で「行動のしすぎ」

何か物事の作業をする上で

体力の限界を超えてやりすぎてしまったとき

にこの言葉が使われそうですね。



なんとなく仕事に限らず

集中しすぎるとオーバーワークにありがち

な気がします。



たとえ
肉体労働であっても夢中になりすぎると
時間を忘れて気がついたら残業のしすぎで夜遅くになってしまっていた

ということにもなりかねないので

ほどほどにし自分の体に気を使っていきたいですね。



場合によっては集中していると

自分が疲れていることさえ気づかなくなってしまう

また
夜になってくると判断力も低下してしまうので

寝る前の時間帯が近づいたら問答無用で休むよう

注意していきたいですね。



例文としては
「オーバーワークにならないよう早めに切り上げることにした」

といった使い方がよさそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『オーバーワーク』の類義語

稼ぐ
労する
勤める
勤務
執務
就労
勤労
稼働
労働
課業
営み
オーバーワーク
鞅掌
奔命

『働く』の慣用句

汗を流す
犬馬の労をとる
精を出す
手足となる
怠け者の節句働き
額に汗する
骨を折る
身を粉にする

『働く』のことわざ

稼ぐに追いつく貧乏なし
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]