『稼ぐに追いつく貧乏なし』という言葉は

あまり聞きなれない言葉ですが

それでもなんとなく意味がわかりそうな言葉ですね。



言葉をそのまま受け取ると

働いていれば、稼いでいれば貧乏であることがない

というような意味が予想されますか。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『稼ぐに追いつく貧乏なし』の意味


『稼ぐに追いつく貧乏なし』の意味は

真面目に一生懸命働いていれば
貧乏で苦労することなどない


といった意味のようです。



真面目に一生懸命働くことに集中して打ち込んでさえいれば
貧乏になることはなく、貧乏で苦労することはない

といった意味になってくるみたいですね。



要は
人間は働かなければ、働いていなければだめ

と言っているような裏返しの言葉のようにも聞こえてきますが。



逆を言えば
働いていなければ貧乏になり苦労してしまう

といったようにも聞こえてきますね。



どんな人間でも世界のどこににいる人間でも
人間である以上働かなければいけない

ということなのかもしれません。



人生に仕事は欠かせないもの
だと思うので

どうせだったら
仕事が生活の一部
仕事が生活の中に溶け込むような
自分にあった仕事に巡り会えるといいですね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『稼ぐに追いつく貧乏なし』の類義語

稼ぐ
労する
勤める
勤務
執務
就労
勤労
稼働
労働
課業
営み
オーバーワーク
鞅掌
奔命

『働く』の慣用句

汗を流す
犬馬の労をとる
精を出す
手足となる
怠け者の節句働き
額に汗する
骨を折る
身を粉にする

『働く』のことわざ

稼ぐに追いつく貧乏なし
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]