『千載一遇』の読み方は(せんざいいちぐう)と読みます。



『千載一遇』(せんざいいちぐう)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、めったに来ないチャンス

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『千載一遇』の意味


『千載一遇』(せんざいいちぐう)の意味は

千年に一度の出会いの意味から
めったにない良い機会にあうこと

といった意味のようです。



極稀の良い事

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『千載一遇』の使い方、例文


例文としては
「千載一遇のチャンスで97%ループに突入したが4回継続で終了した」

のような
「めったにない機会」

の代わりのような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

『千載一遇』の由来、語源


『千載一遇』の由来は

中国の『文選』(もんぜん)という書物から

三国志の『三国名臣序賛』と春秋時代の『四子講徳論』

からきた言葉のようです。



ここでは、めったにない機会、といった意味でなく

千年に一度の思わぬ出会い、のような意味として使われています。



『千載一遇』の
「載」は「年」
「遇」は思いもよらない出会い

といった意味になります。

『千載一遇』の反対語、対義語


『千載一遇』の反対語はないようです。



ただ、もしあるならば

頻繁に起こる好機
めったにない嫌な事
頻繁にある事
立て続けにある悪い出来事

のような意味になりそうですが。



この意味から適当に言葉を思い浮かべると

『奇跡』
常識で考えては起こりえない、不思議な出来事・現象
『日常』
つねひごろ。ふだん
『踏んだり蹴ったり』
重ね重ねひどい目にあうこと

のような言葉がしっくり来そうです。



あまり深く考えずに出てきた言葉ですが

以外に反対語に近い意味を持っているのかもしれません。

[ad#co-3]

『千載一遇』の類義語

機会

時機
潮時
頃合い
タイミング
時宜
好機
勝機
商機
気運

『チャンス』の慣用句

蛟竜雲雨を得
千載一遇
宝の山に入りながら手を空しくして帰る
時を得る

『チャンス』のことわざ

思い立ったが吉日
奇貨居くべし
善は急げ
時は得難くして失い易し
待てば甘露の日和あり
[ad#co-6]

[ad#co-3]