『宝の山に入りながら手を空しくして帰る』
(たからのやまにいりながらてをむなしくしてかえる)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、チャンスがありながら何もしないでいる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『宝の山に入りながら手を空しくして帰る』の意味


『宝の山に入りながら手を空しくして帰る』
(たからのやまにいりながらてをむなしくしてかえる)の意味は

大きな利益を得るチャンスに恵まれながら
それを逃して何も得られない


といった意味のようです。



ちょっとでも動けば大きな見返りがあるのに行動しない

のような意味になりそうです。



まずは行動するのが大事

ということを言いたい言葉でもあるのかもしれません。

スポンサードリンク


『宝の山に入りながら手を空しくして帰る』の類義語

機会

時機
潮時
頃合い
タイミング
時宜
好機
勝機
商機
気運

『チャンス』の慣用句

蛟竜雲雨を得
千載一遇
宝の山に入りながら手を空しくして帰る
時を得る

『チャンス』のことわざ

思い立ったが吉日
奇貨居くべし
善は急げ
時は得難くして失い易し
待てば甘露の日和あり

関連コンテンツ



スポンサードリンク