『青写真』という言葉は

いまいち聞いたことはなくイメージもしづらい言葉ですね。



青い写真という意味にも聞こえなくはないですが

やはりそういった単純な意味ではないでしょうね。



青い写真がどこからきているのか

語源と意味の関係が深そうですが。

スポンサードリンク

『青写真』の意味、語源、由来


『青写真』の意味は
設計図を焼き付けた青地の複写写真の意味から
大体の構想や計画

といった意味のようです。



『青写真』の語源、由来であり、もとの意味は
サイアノタイプ、日光写真ともいい鉄塩の化学反応を利用した写真・複写技法で、
光の明暗が青色の濃淡として写るためこう呼ばれる。

とあるので

昔の写真技術のことだったのかもしれません。



『青写真』が
これから行うための未来の構想、計画

のような意味となったのも

青写真が設計図だったから

未来の構想というイメージとなり

このような意味となった可能性がありそうです。



『構想』は
これからしようとする物事について、
その内容・規模・実現方法などを考えて、骨組みをまとめること

といった意味なので

『計画』の意味
これからする行動のための方法や手順を考える

のような意味として使っても問題なさそうです。



例文としては
「イギリスへ行っても困らないための青写真を描く」

のような使い方がよさそうです。

スポンサードリンク

『青写真』の類義語

企て
企図
企画
構想
立案
プラン
プロジェクト
目論見
目算
筋書き
青写真
成竹
大計
雄図
遠謀

計略
知略
策謀
画策
画する
策する

『計画』の慣用句

絵に描いた餅
砂上の楼閣

『計画』のことわざ

一日の計は朝にあり
取らぬ狸の皮算用