『企画』という言葉はなんとなく

大きな計画を立てるときにそのスケジュールを作る

のようなイメージがあります。



なので企画を立てるという聞くと

何かの作品を作る

というような意味になってきそうですが。



『企画』の読み方は(きかく)と読みます。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『企画』の意味


『企画』(きかく)の意味は

新しく何かを始めようとして具体的に計画を立てること。
またその計画


といった意味のようです。



新しく始める時の計画、具体的な計画を立てる

といった意味になってくるみたいですね。



新しいことをする時に具体的に想像して計画する

といったときにこの「企画」という言葉が使われそうです。



『企画』と『計画』の違いも

新しいことをやる、初めてのことをやるかそうでないか

ということなのかもしれません。



例文としては
「新しいビジネスを企画する」

のような使い方がよさそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『企画』の反対語、対義語


これまでの考えから『企画』の反対語、反対の意味となると

古い計画を立てる、これまで通りの計画を立てる

毎日の行動、習慣化されていることを計画する

のような意味も考えられますが。



ただネットで紹介されている意味の

『企画』は
実現すべき物事の内容を考え,その実現に向けての計画を立てること。
立案すること。また,その計画や案

といった意味になり

どこにも新しいという言葉が含まれていないのが気になりますが。



でもいざ『企画』の例文の紹介となると比較的

「新製品を-する」

のような新しいことを始める計画の文章が目立ちます。



それでも更に調べてみると

そうでない使われ方もされていることも多いので

もしかしたらはじめに紹介した

新しく、という意味自体が絶対というわけではないのかもしれません。



もしネットで紹介されている意味を基本に反対語を考えてみると

実現に向けての計画

とあるので

『実現』は
計画・期待などが現実のものになること。
また、現実のものとすること

といった意味になるので

現実にならない計画
もしくは
期待できない、現実になる可能性が低い計画

のような意味も考えられそうです。



または、
『企画』は
ある事を行うために計画をたてること。また、その計画。くわだて

といった意味も紹介されているので

計画と意味に大差がないと考えるならば

計画の対義語、反対語である
『偶発』
偶然に物事が起こること

が『企画』の反対語にもなり得るのかもしれません。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『企画』の類義語

企て
企図
企画
構想
立案
プラン
プロジェクト
目論見
目算
筋書き
青写真
成竹
大計
雄図
遠謀

計略
知略
策謀
画策
画する
策する

『計画』の慣用句

絵に描いた餅
砂上の楼閣

『計画』のことわざ

一日の計は朝にあり
取らぬ狸の皮算用
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]