『構想』(こうそう)という言葉は

何かのものづくりの図式
内面的なものを具体的に表示する

のようなイメージがあります。



この構想という言葉はどこで使えるかちょっとあやふやですか

物を作る時の計画、スケジュール

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『構想』の意味


『構想』(こうそう)の意味は

ある物事を行おうとするときに
その全体の内容・規模や実現方法などについて考えをまとめること


といった意味のようです。



これから行動する細かなスケジュールなどをまとめたもの


といった意味になってきそうですね。



これからしようとすることを考えていたとして
その考えたことをまとめたものが

「構想」ということなのかもしれません。



例文としては
「作業内容の改善の構想を練る」

といった使い方がよさそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『構想』の類義語

企て
企図
企画
構想
立案
プラン
プロジェクト
目論見
目算
筋書き
青写真
成竹
大計
雄図
遠謀

計略
知略
策謀
画策
画する
策する

『計画』の慣用句

絵に描いた餅
砂上の楼閣

『計画』のことわざ

一日の計は朝にあり
取らぬ狸の皮算用
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]