『筋書き』(すじがき)という言葉は

なんとなく聞いたことがありますが

人物のプロフィールだとか

そういった「下書き」のようなイメージがあります。



または
筋道を通して書くのようなイメージで

順番に立てた計画

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『筋書き』の意味


『筋書き』の意味は

仕組んだ計画・段取り

といった意味のようです。



『仕組む』は
計画する。くわだてる。もくろむ
『段取り』は
事を運ぶための順序。
事がうまく運ぶように前もって手順をととのえること

といった意味になります。



なので

自分で思い描いた計画の道筋、手順

のような意味になってきそうです。



また『筋書き』は複数の意味があり
1.芝居・映画・小説などのあらましを書いたもの。あらすじ
2.前もって決めておいたことの進め方

といった芝居などのあらすじ

といった意味もあるようです。



映画や小説の最初に出てくるあらすじも

わかりやすくまとめたストーリーということなので

表現としては似てくるのかもしれません。



例文としては
「完璧な計画だと錯覚していたのか筋書き通りにはいかなかった」

のような使い方がよさそうです。

スポンサードリンク


『筋書き』の類義語

企て
企図
企画
構想
立案
プラン
プロジェクト
目論見
目算
筋書き
青写真
成竹
大計
雄図
遠謀

計略
知略
策謀
画策
画する
策する

『計画』の慣用句

絵に描いた餅
砂上の楼閣

『計画』のことわざ

一日の計は朝にあり
取らぬ狸の皮算用

関連コンテンツ



スポンサードリンク