『娯楽』の読み方は(ごらく)となります。



『娯楽』(ごらく)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、遊び、楽しむ行動

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『娯楽』の意味


『娯楽』(ごらく)の意味は

仕事や勉強の余暇に人の心を慰め楽しませる物事

といった意味のようです。



穏やかにさせ楽しませる物事、行動

のような意味になりそうです。



『慰める』(なぐさめる)は
1.何かをして、一時の悲しみや苦しみをまぎらせる。心を楽しませる
2.労をねぎらう。いたわってやる
3.なだめる
『余暇』(よか)は
余ったひまな時間。仕事の合間などの自由に使える時間

といった意味になります。



例文としては
「YouTubeを見るのが娯楽だ」

のような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『娯楽』の対義語、反対語


『娯楽』の対義語、反対語は

勉学』(べんがく)
学問に励むこと。勉強
『仕事』(しごと)
1.何かを作り出す、または、成し遂げるための行動
2.生計を立てる手段として従事する事柄。職業
3.したこと。行動の結果。業績
4.悪事をしたり、たくらんだりすること。しわざ。所業

といった意味の言葉となります。



『娯楽』が
仕事や勉強の合間にする楽しみ、に対し

仕事や勉強、勉学

といった言葉が対義語となるようです。

『娯楽』の語源、由来


『娯楽』の語源、由来は

仏教語から

「法華経」(ほけきょう)
大乗仏教の初期(紀元50年~150年)に成立、完成した代表的な経典

から来た言葉のようです。



仏教用語では

「娯」は
楽しさ
「楽」は
安らぎ
悟りを開いた時の楽しさ
「娯楽」は
自分が自分のために教えを説き納得して微笑んでいる状態
学んで理解した、感づいた世界を楽しむこと
自分自身を観じて心を休ませ楽しむ

を意味していたようです。



『観じる』(かんじる)は
心を静めてありのままを正しくながめる。心静かに瞑想めいそうして悟る

といった意味になります。



勉強して理解したときの快楽が

勉強や仕事のスキマ時間の息抜き

のような意味に変化したということなのかもしれません。

[ad#co-3]

『娯楽』の類義語

湯楽
悦楽
快楽
享楽
法楽
歓楽
逸楽
道楽
娯楽
慰み
気晴らし
皺伸ばし
一興

『楽しみ』の慣用句

命の洗濯
歓を尽くす
橘中の楽しみ
曲肱の楽しみ
壺中の天地
目の保養

『楽しみ』のことわざ

君子の三楽
仁者は山を楽しむ
先憂後楽
楽しんで淫せず
[ad#co-6]

[ad#co-3]