『道楽』(どうらく)という言葉は

よく聞く言葉ですね。



なんとなく、だらしない過ごし方、遊び

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『道楽』の意味


『道楽』(どうらく)の意味は

趣味として楽しむ物事。
また、酒・博打・色事などにふけること


といった意味のようです。



趣味や快楽を求めるような行動をして楽しむ

のような意味になりそうです。



『色事』(いろごと)は
1.男女間の恋愛や情事
2.芝居で、男女間の情事のしぐさ
3.情人。愛人。いろ

といった意味になります。



例文としては
「道楽しすぎると仕事をする暇がなくなる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『道楽』の語源、由来


『道楽』の語源、由来は

仏教語から

道楽の「道」は
「仏道」(ぶつどう)
仏の説いた教え。仏教。また、その悟りに至る修行の道
「楽」は
願い
「道楽」は
道を求めようとする願い
その仏道で得た悟り、またそれを楽しむこと

を意味するようです。



「悟り」(さとり)は
1.物事の真の意味を知ること。理解。また、感づくこと。察知
2.仏語。迷妄を払い去って生死を超えた永遠の真理を会得すること

といった意味になります。



願いが届き悟りを開いたことを楽しむの意味が転じて

趣味として楽しむ、娯楽のような意味になったようです。

[ad#co-3]

『道楽』の類義語

湯楽
悦楽
快楽
享楽
法楽
歓楽
逸楽
道楽
娯楽
慰み
気晴らし
皺伸ばし
一興

『楽しみ』の慣用句

命の洗濯
歓を尽くす
橘中の楽しみ
曲肱の楽しみ
壺中の天地
目の保養

『楽しみ』のことわざ

君子の三楽
仁者は山を楽しむ
先憂後楽
楽しんで淫せず
[ad#co-6]

[ad#co-3]