『仁者は山を楽しむ』(じんしゃはやまをたのしむ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、人徳のある人はのんびりしている、普段の生活を楽しむ

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『仁者は山を楽しむ』の意味


『仁者は山を楽しむ』(じんしゃはやまをたのしむ)の意味は

仁の徳を備えた人は山のように不動であることを楽しむ。
欲に動かされず心の静かなことを山に例えていったもの


といった意味のようです。



仁義のある人は心が静かである

のような意味になりそうです。



『仁』(じん)は
思いやり。いつくしみ。なさけ
『徳』(とく)は
精神の修養によってその身に得たすぐれた品性。人徳
『不動』(ふどう)は
1.動かないこと
2.他の力によって動かされないこと。ゆるぎないこと

といった意味になります。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『仁者は山を楽しむ』の類義語

湯楽
悦楽
快楽
享楽
法楽
歓楽
逸楽
道楽
娯楽
慰み
気晴らし
皺伸ばし
一興

『楽しみ』の慣用句

命の洗濯
歓を尽くす
橘中の楽しみ
曲肱の楽しみ
壺中の天地
目の保養

『楽しみ』のことわざ

君子の三楽
仁者は山を楽しむ
先憂後楽
楽しんで淫せず
[ad#co-6]

[ad#co-3]