『橘中の楽しみ』(きっちゅうのたのしみ)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、これしかないという楽しみ、とっておきの楽しみ

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『橘中の楽しみ』の意味


『橘中の楽しみ』(きっちゅうのたのしみ)の意味は

橘の実を割ってみると
中で二人の仙人が将棋を指して楽しんでいたという中国の故事から
将棋や囲碁をする楽しみ

といった意味のようです。



中国から来た言葉だったようですね。



狭い場所でも楽しめるものはある

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『橘中の楽しみ』の類義語

湯楽
悦楽
快楽
享楽
法楽
歓楽
逸楽
道楽
娯楽
慰み
気晴らし
皺伸ばし
一興

『楽しみ』の慣用句

命の洗濯
歓を尽くす
橘中の楽しみ
曲肱の楽しみ
壺中の天地
目の保養

『楽しみ』のことわざ

君子の三楽
仁者は山を楽しむ
先憂後楽
楽しんで淫せず

関連コンテンツ



スポンサードリンク