『京の着倒れ』(きょうのきだおれ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



「京」が都会のようなイメージだとするならば

最高の服装を身にまとっていてもそれを活かしきれていない

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『京の着倒れ』の意味


『京の着倒れ』(きょうのきだおれ)の意味は

京都の人は破産するほど衣服にお金をかける人が多いという事

といった意味のようです。



「着倒れ」の意味から、破産という言葉が出てくるのは驚きですね。



『着倒れ』は
衣類に金をかけて財産をなくすこと

といった意味になります。



京都の人はそれだけ身なりに気を配っていた

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『京の着倒れ』の類義語

纏う
羽織る
引っ掛ける
召す
装う
着飾る
めかす
着こなす
穿く
着する
着用
着衣
身仕舞い
身支度
身拵え
盛装
正装

『着る』の慣用句

替え着なしの晴れ着なし
着たきり雀
着の身着のまま
綺羅を飾る
伊達の薄着
弊衣破帽
身に着ける
身を固める

『着る』のことわざ

京の着倒れ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]