『鬼の目にも涙』(おにのめにもなみだ)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、厳しい人でも優しい時はある

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『鬼の目にも涙』の意味


『鬼の目にも涙』(おにのめにもなみだ)の意味は

鬼のように無慈悲な人間でも時には慈悲の心を起こすことがあるという事

といった意味のようです。



『無慈悲』(むじひ)は
思いやりの心がないこと。あわれみの心がないこと
『慈悲』(じひ)は
いつくしみ、あわれむこと。なさけ
哀れみ』(あわれみ)は
かわいそうに思う心。慈悲。 同情

といった意味になります。



冷たい人でも気遣う心が生まれることもある

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『鬼の目にも涙』の例文、使い方


例文としては
「なんのためらいもなくナッパを殺していたベジータが家族のために怒る姿は
まさに鬼の目にも涙であった」
「いかつい顔でいつも怒っている同僚が笑顔になったとき
不思議と温かい気持ちとなり鬼の目にも涙を実感した」
「かつては大魔王と恐れられていたピッコロだったが
悟飯をかばい共に過ごした日々を思い出し涙を流す姿は
鬼の目にも涙だと感じた」

のような
「冷酷な人でも温かい心がある」
「冷酷な人でも温かい心を持ち涙を流すこともある」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『鬼の目にも涙』の由来、語源


『鬼の目にも涙』の由来、語源は

悪代官や高利貸しがかわいそうに思う気持ち

から来た言葉のようです。



それが

人情がなく思いやりがない人が心打たれて涙する

というときなどに使われるのが一般的になったようです。

『鬼の目にも涙』の反対語、対義語


『鬼の目にも涙』の反対語、対義語はこれといってなさそうですが

『鬼の空念仏』(おにのそらねんぶつ)の意味
無慈悲な者が心にもなく殊勝なようすをする ことのたとえ。鬼の念仏

といった言葉が反対の意味に近そうです。



鬼のような無慈悲な人がそのまんまのことをする

のような意味なので、意外性がなく

『鬼の目にも涙』のように

慈悲の心を見せる、のような意味としても反対語となりそうです。

[ad#co-3]

『鬼の目にも涙』の類義語


人情
思いやり
同情
哀れみ
慈悲
温情
恩情
厚情
芳情

善意

『情け』の慣用句

鬼の空念仏
同病相憐れむ
情けが仇
武士の情け

『情け』のことわざ

鬼の目にも涙
窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
旅は道連れ世は情け
情けに刃向かう刃なし
情けは人の為ならず
[ad#co-6]

[ad#co-3]