『阿諛』(あゆ)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



「あゆ」と聞くと魚の「鮎」(あゆ)であったり人名であったり思い浮かびますが「へつらうの類義語」として考えると

過剰に下手に出る、媚びを売る

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『阿諛』の意味


『阿諛』(あゆ)の意味は

自分を曲げて
相手が気に入るような言動をすること


といった意味のようです。



自分を偽って好かれることをする

のような意味になりそうです。



おべっか
相手の機嫌をとろうとして、へつらったり、心にもないお世辞を言うこと

のような意味になるのかもしれません。



『言動』(げんどう)は
人前で言ったり、したりすること。言葉と行い。言行
『言行』(げんこう)は
言葉と行い。口で言うことと実際に行うこと

といった意味になります。



例文としては
「面接官に阿諛する」

のような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『阿諛』の類義語

おもねる
媚びる
取り入る
持ち上げる
煽てる
追従
阿諛
迎合
曲学阿世
へいこら

『へつらう』の慣用句

いい子になる
意を迎える
おべっかを使う
歓心を買う
機嫌を取る
媚びを売る
胡麻を擂る
尻尾を振る
太鼓を持つ
髭の塵を払う

『へつらう』のことわざ

巧言令色鮮し仁
下いびりの上諂い
[ad#co-6]

[ad#co-3]