『媚びる』(こびる)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、相手の機嫌をとる、気に入られようとする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『媚びる』の意味


『媚びる』(こびる)の意味は

人の気を引こうとして
相手を嬉しがらせるような言動をしたり
甘えるような態度・表情を見せたりする。
また、女が色っぽい仕草や姿態で男の気を引こうとする


といった意味のようです。



相手に気に入られる振る舞い、ドラクエでいうぱふぱふ

のような意味になりそうです。



『媚びる』(こびる)は
1.他人に気に入られるような態度をとる
2.女が男の気を引こうとしてなまめかしい態度や表情をする

といった複数の意味を持ちます。



例文としては
「媚びてでもという手段は後味が悪そうだ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『媚びる』の対義語、反対語


『媚びる』の対義語、反対語はないようですが

『媚びる』の意味は
他人に気に入られるような態度をとる。機嫌をとる。へつらう

となり「へつらう」といった意味も含まれるので

『諂う』(へつらう)の意味
人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる

の対義語である

『高ぶる』(たかぶる)
1.気分・感情などが高まる。興奮状態になる
2.思い上がった態度をとる。尊大に振る舞う

といった意味の言葉が『媚びる』の対義語、反対語としても意味は近いのかもしれません。

スポンサードリンク

『媚びる』の類義語

おもねる
媚びる
取り入る
持ち上げる
煽てる
追従
阿諛
迎合
曲学阿世
へいこら

『へつらう』の慣用句

いい子になる
意を迎える
おべっかを使う
歓心を買う
機嫌を取る
媚びを売る
胡麻を擂る
尻尾を振る
太鼓を持つ
髭の塵を払う

『へつらう』のことわざ

巧言令色鮮し仁
下いびりの上諂い