『煽てる』の読み方は(おだてる)と読みます。



『煽てる』(おだてる)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



なんとなく、相手を褒めるなどして調子に乗らせる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『煽てる』の意味


『煽てる』(おだてる)の意味は

何かさせようという下心から
相手が嬉しがるようなことを言って得意にさせる

といった意味なのです。



何か別の目的があって相手を喜ばせる

のような意味になりそうです。



『下心』(したごころ)は
1.心の底で、ひそかに考えていること。たくらみ。もくろみ
2.本心
『得意』(とくい)は
1.自分の思いどおりになって満足していること
2.誇らしげなこと

といった意味になります。



例文としては
「桜木花道はおだてられながらバスケット選手として急成長した」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『煽てる』の類義語

おもねる
媚びる
取り入る
持ち上げる
煽てる
追従
阿諛
迎合
曲学阿世
へいこら

『へつらう』の慣用句

いい子になる
意を迎える
おべっかを使う
歓心を買う
機嫌を取る
媚びを売る
胡麻を擂る
尻尾を振る
太鼓を持つ
髭の塵を払う

『へつらう』のことわざ

巧言令色鮮し仁
下いびりの上諂い

関連コンテンツ



スポンサードリンク