『迎合』の読み方は(げいごう)と読みます。



『迎合』(げいごう)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



頻繁に見かけそうな言葉ですが

意味はいまいち理解できてない気がします。



なんとなく、気に入られるように振る舞う、敬意を持った行動をする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『迎合』の意味


『迎合』(げいごう)の意味は

人に気に入られるように
自分の考えを曲げて調子を合わせること


といった意味のようです。



自分を偽ってでも人に合わせようと、好かれようとする

のような意味になりそうです。



『調子』(ちょうし)は
動作や進行の勢い

といった意味になります。



例文としては
「読者に迎合したシナリオ」

のような使い方が良さそうです。

『迎合』の対義語、反対語


『迎合』の対義語、反対語は

批判』(ひはん)
1.物事に検討を加えて、判定・評価すること
2.人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること
『反抗』(はんこう)
さからうこと。長上や権威・権力などに従わないこと

といった意味の言葉になります。



『迎合』(げいごう)の意味
自分の考えを曲げてでも、他人の気に入るように調子を合わせること

と比べると、

『迎合』は
欠点があろうがなかろうが相手に合わせる、自分よりも優先する
『批判』は
欠点を見つけて言う、評価する
『反抗』は
自分の考えを押し通して他人に合わせない

のような意味の違いになりそうです。

スポンサードリンク


『迎合』の類義語

おもねる
媚びる
取り入る
持ち上げる
煽てる
追従
阿諛
迎合
曲学阿世
へいこら

『へつらう』の慣用句

いい子になる
意を迎える
おべっかを使う
歓心を買う
機嫌を取る
媚びを売る
胡麻を擂る
尻尾を振る
太鼓を持つ
髭の塵を払う

『へつらう』のことわざ

巧言令色鮮し仁
下いびりの上諂い

関連コンテンツ



スポンサードリンク